審査委員

プログラム統括

大江 建

株式会社総合コンサルテイングオアシス 代表取締役 早稲田大学 研究推進部 参与

(株)総合コンサルテイングオアシス代表取締役(新規事業、研究開発マネジメント, グローバル人材育成)。早稲田大学研究推進部参与。国際大学特別招聘教授。

また、日本アセアン起業家教育協議会委員長。ダイモジャパン社社長、大江事務所代表、シスウエーブ監査役など経験。LSIロジック、日本セミコンダクター、コグネックス社などの創業メンバー。早稲田大学ビジネススクール教授や早稲田大学インキュベーションセンター元センター長を歴任。主な著書に「なぜ新規事業は成功しないかー第3版」(日本経済新聞社、2008年)、「起業家教育でこどもが変わる」(日本経済新聞社、1999年共著)がある。米国メリーランド大学理学博士(Ph.D.)。米国コロンビア大学経営学修士(MBA)。

大会実行委員長

河野 龍太

株式会社インサイトリン 代表取締役 / 多摩大学大学院 教授

株式会社インサイトリンク代表取締役(イノベーション&マーケティングの戦略コーチ、経営コンサルティング)。 多摩大学大学院(MBA)教授。他に、ビジネスコーチ株式会社のパートナー・エグゼクティブコーチ、株式会社エポック・ジャパン社外取締役も務める。博報堂、博報堂ブランドコンサルティング、ITベンチャー数社の経営参画、博報堂DYホールディングス顧問などを経て現在に至る。

世界の先進企業や欧米のトップビジネススクールが採用する「ビジネスモデル・キャンバス」を開発したアレックス・オスターワルダー氏がCEOを務めるイノベーション支援企業、ストラテジャイザー(Strategyzer)の日本人唯一の公認トレーナーとして、国内外企業のイノベーション・プロジェクトを多数支援。

早稲田大学法学部卒業、英国ウォーリック大学経営大学院にてMBA取得。長崎市出身。

審査委員

澤谷 由里子

東京工科大学大学院 教授 (JBMC2017 審査委員長)

東京工業大学大学院総合理工学研究科システム科学専攻修士課程修了、東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系博士後期課程修了、学術博士。

(株)日本IBM入社。情報技術の研究開発(ソフトウエア開発、オブジェクト指向言語開発、R&D戦略、パーソナルシステム研究戦略、研究評価、サービス研究)に従事。2005年からサービスサイエンス研究の立ち上げを行った。2010年から科学技術振興機構においてサービス科学プログラム(S3FIRE)フェロー。2013年、早稲田大学研究戦略センター教授。

東京工業大学大学院、東京大学、中央大学等において非常勤講師。サービス学会理事、研究・技術計画学会業務委員長、PICMET-Japan事務局長、J-Win Next Stage幹事長などを兼任。

BLOG:http://yurikos.blogspot.com/

【専門分野】R&Dマネジメント、技術経営、サービスデザイン、サービスサイエンス

本荘 修二

本荘事務所 代表 / 多摩大学(MBA)客員教授

本荘事務所代表(新事業などの経営コンサルティング)。多摩大学(MBA)客員教授。また、500 Startupsメンター、NetService Ventures Group顧問ほか日米企業のアドバイザー。ボストン・コンサルティング・グループ、米Computer Sciences Corp.、CSK/セガ・グループ会長付、IT特化の投資会社General Atlantic LLC日本代表などを経て、現在に至る。ペンシルベニア大学経営学修士、早稲田大学博士(学術:国際経営)。

「エコシステム・マーケティング」、「成長を創造する経営」、「日本的経営を忘れた日本企業へ」など著書多数。翻訳に「ザッポス伝説」がある。「インキュベーションの虚と実」、「明日をつくる女性起業家」連載中。

女性起業家コミュニティのSPARK!サポーター。

 

参考URL:「Dr.本庄のThought&Share」(ITmedia)にてJBMCの記事

http://blogs.itmedia.co.jp/honjo/2013/09/post-c40e.html

飯村 愼一

光陽電気工事株式会社 代表取締役社長

米国州立テキサス大学工学部土木工学科卒業。同大学へ学部編入し、理学部コンピューターサイエンス学科卒業。早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻(ビジネススクール MBA)卒業。東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科キャリアアップMOT「アドバンストMOT」課程修了。

昭和58年3月 日立ソフトウェアエンジニアリング(株)海外事業部を退社し、同時に光陽電気工事(株)入社。常務取締役、取締役副社長を経て、平成7年6月 代表取締役社長に就任。現在、(公社)経済同友会幹事、(公社)栃木県経済同友会理事(副代表幹事)、宇都宮ベンチャーズ(宇都宮市起業家支援施設)副会長、宇都宮大学学長選考会議議長、同大学経営協議会委員などを委嘱されている。

浜野 慶一

株式会社浜野製作所 代表取締役

略歴

1962年東京都墨田区生まれ。

1984年東海大学政治経済学部経営学科卒業。

同年都内板橋区の精密板金加工メーカーに就職。

1993年創業者・浜野嘉彦氏の死去に伴い、(株)浜野製作所 代表取締役に就任、現在に至る。

松村 映子

株式会社ストライプインターナショナル 取締役CDO /

バスケット株式会社 創業者 兼 代表取締役社長

ITコンサルティング会社にて大手流通小売企業のITコンサルティング及び営業を経験後、2011年に最初の起業。

2014年に二度目の起業でバスケット株式会社を創業、ネット宅配クリーニングサービス「バスケット」を立ち上げる。

2015年に、earth music&ecologyなどのレディースアパレルを手がける株式会社ストライプインターナショナル(旧株式会社クロスカンパニー)に全株式を譲渡、100%子会社になる。現在同社取締役CDOも兼任。

創業した会社の代表、親会社のCDO、エンジェル投資家として活動中。

更田 誠

公益財団法人京都高度技術研究所 産学連携事業部 新事業創出支援グループ 次長

(財)京都高度技術研究所 産学連携事業部 新事業創出支援グループ 次長。京都工芸繊維大学における工芸科学研究科先端ファイブロ科学専攻学術博士を取得。

米国での財務関連の事業経験と京都高度技術研究所において、研究成果の事業化メカニズムの研究と実験を行い、最適な方法論を開発し、実践。

マネジメントおける直感の重要性を広く理解し、京都における狭義のデザインを実験経営学の手法をベースに拡大してビジネスデザインの分野を確立・推進。

北原 康富

名古屋商科大学 マネジメント研究科 教授 / 日本インテグラート株式会社 設立者

名古屋商科大学 マネジメント研究科教授、東京理科大学理学部応用数学科卒業、早稲田大学アジア太平洋研究科博士後期課程修了学術博士。

日米のコンピュータメーカにてシステムエンジニア及びマネジメントコンサルタントとして活動後、ITベンチャー“日本インテグラート株式会社”を設立(1993年)。創業以来、グループコミュニケーションおよび戦略意思決定の2つの領域において、理論・ソフトウェアの研究開発、および教育・コンサルティングなどを行う。開発したグループウェア「ウェブハロー」は、ビジネスソフトで初めてのグッドデザイン賞受賞。戦略意思決定の分野では、新規事業や開発プロジェクトに対する事業価値やリスクの価値評価やシミュレーションに取組む。ペンシルバニア大学ウォートン経営大学院マクミラン教授研究室にて、同教授考案のベンチャー戦略策定方法論(DDP)を学習・支援するソフトを開発。

早稲田大学ビジネススクール・イブニングコース講師(1998年~)、および早稲田大学商学研究科(2009年~)、東京理科大学イノベーション研究科(2011年)、東京工業大学大学院生命理工学研究科(2009年~)にて、非常勤講師を務める。また、事業価値評価、戦略意思決定、イノベーションと創造性、チームワークなどの分野で、多くの企業研修の実績を有する。その傍ら、早稲田大学アジア太平洋研究科にて、動的な財務モデルを用いた視覚的な操作が、事業計画における意思決定の品質に与える作用を研究。

小山 龍介

株式会社ブルームコンセプト 代表取締役 /

 一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 代表理事 / 名古屋商科大学大学院 准教授

1975年福岡県生まれ。AB型。京都大学文学部哲学科美学美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。卒業後、松竹株式会社新規事業プロデューサーとして歌舞伎をテーマに新規事業を立ち上げた。2010年、株式会社ブルームコンセプトを設立。

コンセプトクリエイターとして、新規事業、新商品などの企画立案に携わる一方、ビジネス、哲学、芸術など人間の幅を感じさせる、エネルギーあふれる講演会、自分自身の知性を呼び覚ます開発型体験セミナーは好評を博す。

翻訳を手がけた『ビジネスモデル・ジェネレーション』に基づくビジネスモデル構築ワークショップを実施、多くの企業で新商品、新規事業を考えるためのフレームワークとして採用されている。2014年には一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会を立ち上げ、代表理事に就任。

奥田 聡

株式会社プライムスタイル 代表取締役

早稲田大学商学部を卒業後、朝日アーサーアンダーセン(現プライスウォーターハウスクーパース)に入社。

その後ベンチャーキャピタルのコンサルティング部門である株式会社サンブリッジソリューションズ(現:株式会社サンブリッジ)にてマーケティングストラテジストとして従事。

2005年株式会社プライムスタイルを創業。代表取締役に就任。

2012年より複数のベンチャー企業(リサーチ会社、ゲーム会社、コンサルティング会社他)の取締役を歴任。Founder Institute(米国起業支援組織)の東京ディレクター。

河野 良治

筑波大学 国際産学連携部産学連携企画課 准教授

慶應義塾大大学院商学研究科前期博士課程修了修士(商学)。

山形大学大学院VBL中核研究機関研究員。早稲田大学アジア太平洋研究センター助手(起業・MOTを担当)。

高松大学経営学部講師(起業関係科目、インターンシップ、経営学を担当)。長野大学企業情報学部准教授(事業計画論、イノベーション論、インターンシップを担当)。2016年3月より現職。

 

【専門分野】 産学連携によるイノベーション、ベンチャー企業経営、起業家教育

Copyright © 2017 Japan Business Model Competition. All rights reserved.